患者の病院へのクレーム

病院の患者への対応

個室利用

病院へのクレームはチャンス

病院は医療を取り扱う場所であり、医療が患者一人一人に違いを持ち、絶対に治るというものでもなく、病気と上手く付き合う方法をアドバイスするところでもあります。しかしながら、患者は医療知識に乏しく、効果がすぐに現れなかったり、根治しないことなどを理由に文句を付ける人も多いです。また、病院では医療従事者の対応へのクレームも多くあります。しかし、クレームには患者の意思や疑問が多く、その内容を理解して一つ一つ処理してゆけば良い医療が提供できるはずです。逆に言えば、その問題の処理が適正であれば大きなチャンスとなるでしょう。

よくあるクレームについて

クレームはどんな職種にもあるもので、病院でも当然あります。予約がなかなか取れないとか、待ち時間が長いといったものから、待ち時間に読む雑誌が少ないとか、飲み物のサービスがないというものまで様々です。大きな所だと、中の施設がわかりにくく迷子になってしまうとか、案内カウンターに人が少ないなどというものもあります。一昔前までは医師の言うことには何も言えないという病院の雰囲気がありましたが、最近ではそういう事もなくなってきた影響もあるのでしょう。治療方針については患者自身の考えや意見を言えるようになりいい面もあるのですが、治療がやりにくくならない程度のクレームにとどまっていなくてはなりません。

↑PAGE TOP